リバウンドの原因と危険

ダイエット

セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】











月額968円からの高性能クラウド型レンタルサーバー

人気ブログランキング

鶏胸肉とブロッコリーだけを追求する飲食ブランド【究極のブロッコリーと鶏胸肉】

ダイエットを頑張って体重を落としたのに、すぐに『リバウンド』してしまった・・

もう聞きなれた言葉なので当たり前のように感じてしまい易いですが

そもそも、リバウンドしてしまう原因とは?

そしてそれに潜む『危険なこと』とは?

リバウンドの仕組み

多くの人が摂る手段として選ぶのが、食事制限のダイエットです。

しかし、食事制限だけのダイエットを続けてもだんだんと体重は減らなくなります。

それだけでなく、身体にとって必要な筋肉や骨の減少にもつながってしまいます。

(※前回のブログをご参照ください。↓↓)

筋肉の減少に伴って代謝が低下し、太ってしまう可能性が高くなります。

無理な食事制限をおこなった結果、エネルギー節約型の身体が出来てしまうからです。

エネルギー消費量が減っているわけですから、食事量・摂取カロリーを戻せば太りやすく

また、痩せにくい身体になってしまいます。これがリバウンドの仕組みです。

しかも、リバウンドで体重が戻る分はほとんどが脂肪です。ということは、

ダイエットをする前と体重は同じに戻ったとしても、身体の中身は『ダイエット前の状態の方が良い』

なんてことになってしまいます。

これが『リバウンドに潜んでいる危険』というわけです。

食事制限のやり方を考える

では食事制限は必ずしも悪なのか?というと、そうとも言えません。

エネルギーの収支という面からは食事制限も有効であると言えます。

しかし、筋肉を落とさない範囲でという条件付きでです。

理想としては筋肉量は増やしたいのはやまやまですが、そう簡単には増えてくれませんから

まずは最低限筋肉を落とさないこと。つまり基礎代謝量を減らさない範囲での食事制限にとどめなくてはいけません。

無理な食事制限・カロリー制限より、無理なく続けられる範囲でカロリー摂取のコントロールをすることが大切です。

たとえば、ケーキを食べる時に1つではなく半分にする。夜に飲む缶ビールを2本飲んでいる人なら

それを1本にする。職場で缶コーヒーを飲んでいる人ならお茶に変える。というくらいからなら

始めやすいのではないでしょうか?

理想は筋トレをして筋肉量を増やすという事も加えたいところですが、『無理なく続けられる範囲で』

という意味では、これもまたご自身の出来ることから始められたら良いと思います。

とにかく言えることは、『結果を焦らない事』です。

焦る事で無茶な食事制限をおこなってしまうパターンが非常に多いんです。

そうなれば、今回のブログで紹介したような危険がある、そいうことを知っておいてくださいね。

結果を焦らず、出来る範囲・無理のない範囲ではじめてくださいね。

続けられることが大切です♪

マナブ

人気ブログランキング


健康ダイエットランキング


備忘録・雑記ランキング


ダイエットランキング


スポーツトレーナーランキング


フィットネス(全般)ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました