『体幹』とは?

ダイエット

セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】











月額968円からの高性能クラウド型レンタルサーバー

人気ブログランキング

鶏胸肉とブロッコリーだけを追求する飲食ブランド【究極のブロッコリーと鶏胸肉】


いつのまにか、『体幹トレーニング』という言葉は一般化して

広く知られるようになりましたね。

なんとなく『体幹トレーニングは大切だ!』という認識は広まっているとは思いますが

何故、大切なのか?

そもそも、『体幹』とは何なのか?

いまいち知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はその、体幹について書いていきたいと思います。

体幹の範囲

「体幹ってどこ?」と聞かれると、意外と難しいのではないでしょうか。

言葉の意味からいえば、手足を除いた胴体部分のことですね。

その中でも

腹直筋・腹斜筋・腹横筋といったお腹周りの筋肉、そして脊柱起立筋腰方形筋・大腰筋といった

背骨や骨盤の動きに関連する筋肉などです。

また、呼吸筋である横隔膜も体幹の機能に強く関係してくるため

体幹筋のひとつに数えられます。

体幹の役割

体幹筋の役割には、大きく分けて2つの役割があります。

スタビリティ

ひとつは体幹をしっかりと固定するスタビリティ(安定性)です。

これは何かとぶつかった時にケガを予防したり、重たいものを持ち上げた時に

身体を固めるために必要な力です。

脊柱や骨盤は「スタビリティ関節」とも呼ばれ、それらを体幹筋で支える事は

スポーツ動作などで体の軸をつくるために重要な力です。

モビリティ

もう1つが身体をしなやかに動かす為のモビリティ(可動性)です。

より大きな動き、よりスムーズな動きを生み出す為に必要な働きです。

高い柔軟性で可動域を確保し、広い範囲で身体をうまくコントロール動かせれば

パフォーマンスアップに繋がる事は想像しやすいと思います。

可動域が広がれば、筋トレの際に筋肉を使う範囲も大きくなるため

トレーニング効果もアップします。

トレーニングの種類

体幹には安定性と可動性、両方の役割があると踏まえた上で

ではそれぞれの機能を高める為にはどんなトレーニングをしたら良いのか?

安定性(スタビリティ)を鍛える為には、いわゆるコアトレピラティスといった

体幹を『固定・安定させて使う』トレーニングを選ぶと良いでしょう。

可動性(モビリティ)を鍛える為には、ストレッチなどで柔軟性を高めるだけでなく

クランチやバックエクステンション、サイドベンドなど体幹を『曲げる・動かして使う』種目を選ぶと良いでしょう。

パフォーマンスアップのために

スポーツなどで技術レベルを上げようとすると、手足に意識がいってしまいがちですが

体幹はその原動力となるパワーをつくりだす役割を担っています。

技術を高める為にもまず、土台となる体幹のトレーニングもおこたらないように

心がけましょう!

体幹のトレーニングに慣れてきたら、その後はやはりスクワットデッドリフト

ベンチプレスといった体幹を働かせながら手足を使うようなトレーニングを行いましょう!

まとめ

体幹は手足を除く胴体の部分のこと。

その中でも腹筋群、脊柱起立筋、大腰筋、横隔膜が需要な役割を担う体幹筋です。

大きなパワーを引き出す為にも、土台となる体幹を鍛えることで

スポーツのパフォーマンスアップや日常生活での動作をスムーズに!

まずは腹筋から始めてみてはいかがでしょうか?

マナブ

人気ブログランキング


健康ダイエットランキング


筋力トレーニングランキング


ダイエットランキング


スポーツトレーナーランキング


フィットネス(全般)ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました