腹筋すると腰が痛くなる??

トレーニング

セルフサロン開業レベルを目指した家庭用光美容器【Datsumo-labo Pro Edition(プロエディション)】











月額968円からの高性能クラウド型レンタルサーバー

人気ブログランキング

鶏胸肉とブロッコリーだけを追求する飲食ブランド【究極のブロッコリーと鶏胸肉】

お腹を引き締めたい!凹ませたい!
カッコいい腹筋をつくりたい!

そう思い、腹筋のトレーニングを頑張られている方も多いのでは?

しかし、僕もトレーニング指導の現場でよく聞くのが

腹筋のトレーニングをすると腰が痛くなる

という話・・

せっかくトレーニングを頑張りたいのに、痛みのせいで続けられない

これでは勿体ないですよね??

なので、今回は

『腹筋をすると腰が痛くなる』

その原因と改善方法について書いていきたいと思います♪

腹筋(腹直筋)の付いている場所

いわゆる腹筋運動をする時に使われる筋肉は『腹直筋』といいます。

まずはその構造を知っておきましょう!

ざっくりと説明すると、

肋骨の前側(みぞおちの上あたり)から恥骨まで付いています。

この、肋骨と恥骨とを近づけていくような働き

つまり、腰を丸めるような動きをするわけです。

何故腰が痛くなるのか?

では、この動作をする際に

どうして腰が痛くなってしまうのか?

ポイントになるのは『呼吸』です!

腹筋のトレーニングをしている際に、丸める動作のタイミングで

息は『吐いて』いますか?

それとも息を『吸って』いますか?

もしくは息を『止めて』いますか?

腰が痛くなってしまうタイプの方に多く見られるのが

『息を吸う』または『息を止める』タイプの方たちです。

丸める動作のタイミングで息を吸ったり止めたりすると

腹筋を縮めにくくなってしまいます。

イメージしてもらいたいのは、空気の入ったボールや風船

ボールが膨らんでパン!と張っていると

押してもへこまないし、しぼまないですよね?

それと同じで

息を吸ったまま、もしくは止めたまま腹筋トレーニングをすると

お腹がパン!と張ったままでは

しぼめられない=筋肉を縮められない

というわけです。

丸めようと頑張っても、硬い膨らむ力で跳ね返されてしますんです・・

そのせいで腰が痛かったり、首が痛くなってしまったりするんです。

また、この状態だと

腹筋にも『効いている感覚』も無い!という方も多いです。

筋肉を縮められていないのだから、当然と言えば当然ですね。

呼吸を上手に利用しよう

上記で説明したように、膨らんだボールのままでは

腹筋を縮めることが出来ません。

だから

息をしっかりと吐くことでボールをしぼませる必要があるわけです。

腹筋のトレーニングで丸める動作のタイミングでは

しっかりと息を吐きながらおこないましょう!

ただ吐く、だけではなく

お腹の中の空気も全部出す、しっかりとしぼめる!

という意識が大切です。

そうすれば、腰や首を痛めることもなく

なおかつ腹筋にもしっかりと効かせることができるでしょう♪

まとめ

腹筋をしていて、腰が痛い・首が痛い

そんな人達は『呼吸』のやりかたに問題があるかもしれません。

息を吸ったまま、もしくは止めたまま腹筋トレーニングをしていませんか?

『丸める動作』のタイミングではしっかりと吐きながらおこないましょう!

どこかに痛みがあると、せっかくのトレーニングも継続が難しくなってしまいます。

諦めず、しっかりと原因を探して解決していきましょう♪

効果的にお腹を締めよう!

マナブ


健康ダイエットランキング


筋力トレーニングランキング


ダイエットランキング

タイトルとURLをコピーしました